シフト勤務の看護師大変?夜勤がない職場への転職多い?

24時間交代の勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。
外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、まだ経験が浅ければ、シフト勤務は避けて通れないと思います。
実際に、私の妻も看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず苦労した覚えがあります。
看護師を志望する理由は、実際にどのような体験を経て看護師を目標とするようになったのかを混ぜると好印象を与えます。
転職の際の志望する理由は、これまでのキャリアを活かしたい、もっと社会に貢献できる技術を身につけたいなど、積極的な印象で好感を抱かせるようにしてください。
前職に対する悪い発言は言わないようにすることがポイントです。
業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、しんどさを覚える場面も多いはずです。
二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに看護師の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そのうちに体調を崩すこともあるのです。
昼夜にわたる、大変な仕事によってどんどん疲れていって、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、ようやく「少し無理をしているのかも」などと自覚したりします。
看護師の資格をとるための国家試験は、1年に1度あります。
看護師不足が問題となっている日本にとってはうれしいことに、ここ数年の看護師資格の合格する割合は約90%と非常に高水準を保っています。
看護師の国家試験は、大学入試のような合格させないための試験ではなく、一定のラインに達することができればパスすることができる試験です。

看護師転職先で人気なのは?【満足度が高い好条件の求人とは】