避難所のボランティアの人も非常食を食べてるの?

みなさんは、避難所で充分休息できると思いますか? 災害で、家族や知り合いを失くしたりした人にとっては、避難所での生活も苦痛になるのかもしれません。
自分が休息できる場所は、いったいどこなのだろうと考えてしまいます。
東日本大震災の時も、たくさんの人が悲しみに打ちひしがれていました。
しかし、毎日の生活は、やってくるのです。
食べて飲んで眠らなければならないのです。
避難所が各地にでき、たくさんのボランティアなどにより、運営ができるようになっていきました。
そのような状況の時に、報道陣の無責任な行動があったのです。
休息している人たちに悲しみを思い出させるようなインタビューをしたり、カメラの前に集まらせたりしていました。
これらのニュースは、インターネットにも掲載されたのです。
いつの状況でも、報道機関のやり過ぎは問題になるのです。
土足で人の心に踏み込んでくるのです。
避難所にいる人たちは、休息を求めているのにそれを無視しているのです。
もちろん、すべての報道機関が悪いわけではないのです。
避難所では、プライバシーが保てないと不満を訴える人もいました。
その不満を贅沢だと切り捨てる人は、何もわかっていないのですね。
たくさんの人にとって、必要なことは自分の気持ちをわかってくれる人なのです。
缶詰も非常食として使える?