自分の家を持つには?

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
その理由として一番大きいのがやはり収入面です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。
申請する場合は、銀行・信用金庫あるいはネットバンクでも受付可能です。
ですが、どこでも融資可能かどうかの審査があります。
大切な点はその人の職業、年収、勤続年数が重要視されます。
さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども判断されるので万一心当たりがある場合は最初にそちらを整理し申請することをおすすめします。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

住宅ローン金利一覧で比較は面倒?金利比較の方法!【優秀な銀行は?】